幼児教室の情報はこのサイトをチェック

0歳から通える幼児教室

0歳から通える幼児教室 幼児教室は幼稚園児ぐらいまで成長した子供を通わせるイメージもありますが、0歳の子供も通うことができます。
赤ちゃんの大切な時期に、幼児教室で教育を受けることにより、子供が持っている能力を効率的に引き出すことが可能です。
0歳から1歳のときに教育をしても本人は理解できないように感じますが、実際には凄い吸収力を持っているので、この時期の教育は将来にも大きな影響を与える可能性が高いです。
基本的にこの時期には母親と赤ちゃんの2人でレッスンを受けることになるので、子供も安心して成長していくことができます。
母親とのスキンシップだけでなく、日本語の勉強などもしていきますから、何も教育を受けない状態よりも早く言葉を理解できるようになる可能性もあります。
幼児教室では手先を動かすレッスンなどもあり、スピーディーに手先をしっかりと動かせるようになれるのも魅力的です。
赤ちゃんから幼児教室に通っておけば、幼稚園児になっても同じ環境で教育を受けられるので、安心して成長していけます。

幼児教室は範囲の広い能力開発の可能性を最大限に引き出せます

幼児教室は範囲の広い能力開発の可能性を最大限に引き出せます お子さんが生まれてからは、将来を見据えて我が子に対して知育などを希望する親御さんは増加しているのではないでしょうか。
一般的には幼稚園に通い、友達との会話の他、先生による知育により年齢に合ったマナーや考え方、コミュニケーションを学ぶことは可能です。
この方法でも問題はありませんが、現在では幼児教室として運営しているスクールがあり、普通の幼稚園では学べないようなカリキュラムによる能力開発を実践しています。
幼児教室の場合は、会話や生活習慣など基礎的な部分を学べることは勿論ですが、お子さんによっては頭角を現すようなカリキュラムが多いことが最大の特徴です。
語学の分野では英語を習得したり、音楽では歌や楽器演奏を行う場合もあり、絵を描くことにより感性を磨くことも不可能ではありません。
身体を使った運動系もあり、水泳や体操の他、陸上競技においても幼児教室で対応している場合では、どこかで才能を引き出したり、隠れた才能を最大限に発揮させられる可能性は十分にあります。
知育という分野も非常に大切ですが、バランスよく能力開発を受けることにより、将来に活かせる何かのジャンルを早い段階で見つけ出すことに成功できるのではないでしょうか。

新着情報

◎2021/2/14

幼児教室にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2021/1/14

サイト公開しました

「幼児教育 能力」
に関連するツイート
Twitter

で、林修先生が幼児教育について話してる内容 ✔学習能力を高める上で3~5歳までの過ごし方が大事 ✔この時期にいかに自然に読む環境に触れ合うか →3歳までに1万冊絵本読み聞かせするのは、ここまでで本に対する抵抗を減らして、読むことは楽しいと思えるかにつなげるのかな🤔

幼児教育の指導法」 第11回 情報機器の活用と課題(1)-情報機器の種類と功罪 ☑︎IT→ICT ☑︎幼児期の新たな活動となりうる ☑︎教師の業務で活用 ☑︎ICTリテラシー(適切に取扱う能力) メディアと幼児の間に教師が入るべき 料理しながら٩꒰ᐡ⍢︎ᐡ꒱۶聴講

「乳幼児期における自己肯定感やメタ認知などの非認知能力は生涯に与える影響が大きい」って確か「幼児教育の経済学」でも言われてたなぁ。教育の早期投資がどんどん進んでいきますね...!!

私は本気で、小学校や中学校の教員は、保育園か幼稚園に半年ほど研修に行った方がよいと考えている。保育士や幼稚園の先生が身に着けている能力は、教育すべてに通じる。私の書いた本を読んだ方は分かるだろうけれど、上司本の内容も、実は幼児教育をベースに据えている。

0~6歳の「敏感期」とは・・・ 身体能力、感性、知性などあらゆる能力が、本能的に発達します。 脳細胞が繋がって、脳の根幹ができる大事な時期。 主要な能力の伸ばし方は、下表を参照ください!